読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yoshiko's colorful life -子育てdiary☆

都内在住二人目育休中ワーママ yoshikoが、子供の成長や、日々の思い出、掛け替えのない今の時間を一緒に沢山楽しみ、二度と戻らない充実した時間を過ごすために、子供の成長や日々の出来事を書きます。合わせて、母としての成長記録も書きます☆

防災ピクニック➀ 非常食を食べる!

勝間塾Jr.企画

昨日は自分が事務局を担当している勝間塾Jr.のイベント「防災ピクニック」に参加しました(*^^*)

f:id:colofullife:20161003124132j:plain

勝間塾Jr.とは?

私は2015年12月より勝間塾という私塾に入っています。

http://www.katsumaweb.com/katsuma_jyuku.php 

そこで、子供たちにも学びの場を!!ということで、「勝間塾Jr.」というものを立ち上げています。(そこの事務局を担当しています)

 

勝間塾Jrとは「今の社会を支える大人と20年後の社会を支える子どもが、共に学び成長することで欲しい未来を創っていく」というミッションを掲げ、勝間塾コミュニティの仲間とその子どもたちで活動しているグループです。

本家の勝間塾のように、毎月1回月例会を企画・開催して、親子で様々な学び・遊びを体験しています。

 

防災ピクニックのプログラム

10月勝間塾Jr.月例会は、「いざという時のためにやってみよう☆~実践!おやこで防災ピクニック~」でした!!

 

非常食は用意しているけど、実際にガス・電気が止まってしまった状況で食べられるかわからないということはありませんか?

非常袋を用意しているけど、長時間、重すぎて持ち歩けない?ということはありませんか?

今回のイベントでは、

・非常食を持って移動してみる
・非常食を実際に食べてみる
・災害について学ぶ
 
ということをみんなで体験しました!
 

プログラムの内容

プログラムの内容はこちら!
【開催日時】
10月2日(日)9:30~15:00
 
【集合場所】
東京臨海広域防災公園 そなエリア東京バーベキューガーデン
(受付テントで待ち合わせ)
http://digiq.jp/sona/
 
【参加費(一人あたり)】
大人:2000円程度 
小学生:1500円程度
(機材レンタル費+会場費+食材+防災センター見学費)
※参加人数により若干変動します。

【対象者】
何歳でも

【募集人数】
10家族程度
 
【キャンセルポリシー】
9月24日(土)まで
食材調達&会場費等でキャンセル費用が発生しますのでキャンセルされる際は早めにご連絡ください。
 
【プログラム】
★まず宿題★ 
1)自分達に合った非常持出袋 (最初に避難するときに持っていく袋)をセットしてみる。
 
2)非常食
 ・そのまま食べらるもの
 ・水だけで食べられるもの を1から2個持ってくる
 ・お米(生)も忘れずに!
 
※ 調理できない場所でも、非常食の味をみんなで食べてみてどんなものを揃えると美味しく食べられるか考える。現地で泥水などでも安全に調理できる「パック調理」も実践します!(こちらは食材を事務局で用意します)
 
★当日のスケジュール★
9:30
持出袋を持って現地(BBQ場)集合
※各自、非常食&非常袋を持って重い現地に集合してください。
 持出袋は大変なので、本当に必要か考える体験)
 
9:40~10:00
非常持出袋の中をみんなで見せ合いっこ(比べてみる 工夫した事を発表)
 
10:00~12:00
調理&試食タイム
まずい 美味しくないも経験です。普段の食事の美味しさを確認しましょう。どれが美味しいか、美味しく食べられるものを確認します。
 
※レクチャータイムも予定しています♪
・非常時に役立つキャンプ用品
・どこにしまうといいか
・ 非常食ストックの目安
などの情報をシェアして頂きます!
 
12:00~12:30
片づけ
 
12:30~13:00
移動(といっても隣らしいです)
 
13:00~14:30
防災体験学習(そなエリア東京) 90分
マグニチュード7.3、最大震度7の首都直下地震の発生から避難までを体験し、タブレット端末を使ったクイズに答えながら生き抜く知恵を学ぶ防災体験学習ツアーに参加します!
 
14:30~15:00
フリータイム
 
15:00
解散
 
★イベント終了後の宿題★
<大人の宿題>
・実際やってみた反省を踏まえ、非常食、非常袋を見直しましょう
 
<親子の宿題>
・避難所の確認と道順確認
・親が不在の時どこで待ち合わせするかの確認
・玄関に残せるメモ準備(どこどこにいますというメモを残してあとから帰ってきた人に知らせるためのもの)

 

では当日の様子に移ります!

 

東京臨海広域防災公園 そなエリア東京バーベキューガーデンとは?

防災体験学習とあわせて手ぶらでBBQを楽しめるところです!

そなエリア東京BBQガーデン | 東京臨海広域防災公園

f:id:colofullife:20161003122732j:plain

 

まずはテント、火起こし、調理!

今回はBBQではなく、災害時を想定して、鍋でお米を炊いたり、野菜をアルミに包んで調理しました!

BBQ広場はこんなところ。

f:id:colofullife:20161003122904j:plain

ビニール袋でお米をたく!

ポイントは「高密度ポリエチレン」のビニール袋(つるつるではなく、パリパリした質感)を使うこと!

ビニール袋に0.5号のお米を洗わずにいれ、お米1に対して、水を1.5の量入れます。

平らにして量は見た目で判断!

f:id:colofullife:20161003123138j:plain

これを沸騰したお鍋に15分ほど入れれば、美味しくご飯が炊けるのです!!びっくり!

f:id:colofullife:20161003123240j:plain

りんごも焼くと美味しいー!!シナモンとシロップをかけていただきました(*^^*)

f:id:colofullife:20161003123821j:plain

非常食を食べてみる!

皆でワイワイ試食するとなかなか美味しい!

無調理で食べられるものが便利ですが、水を浸すだけでできるきなこもちなども好評でした!

f:id:colofullife:20161003123729j:plain

次の記事に続きます!(そなエリア東京での防災体験について)