yoshiko's colorful life -子育てdiary☆

都内在住ワーママ yoshikoが、子供の成長や、日々の思い出、掛け替えのない今の時間を一緒に沢山楽しみ、二度と戻らない充実した時間を過ごすために、子供の成長や日々の出来事を書きます。合わせて、母としての成長記録も書きます☆

父親の古希祝い@富麗華 「父の自分史を聞く」

今日は父親の古希のお祝いを、父、母、兄夫婦と私達家族で行いました(*^^*)

f:id:colofullife:20161008194944j:plain

実は、なかなか全家族揃うことが難しくなってきており、前回会ったのは、2年以上前(祖母の米寿のお祝い)。。

我が家の8カ月の次男は、兄にまだ会っていない!という状況でした。

こんな中、旅行に行く、食事会をする、など色々案はでましたが、まずは全員が揃う!!ということを第一優先にし、関西在住の両親、九州在住の兄夫婦が東京に来てくれて、東京での食事会が成立しました(*^^*)

 

場所は中国飯店の最高峰ミシュラン☆『富麗華』

素敵な個室(個室料なし!)で美味しいお食事がいただけるのです。

www.chuugokuhanten.com

場所は3F。個室の入り口はこんな感じ。

f:id:colofullife:20161008195017j:plain

窓から見える景色も綺麗です(*^^*)

f:id:colofullife:20161008195131j:plain

 

個室ランチコース☆

個室ランチコースは6,480円〜(14,040円まで)

ホテルなどと比べると、この雰囲気とサービスでこの価格はお得だと思います!

 

今日のお品書きはこちら☆

f:id:colofullife:20161008195223j:plain

 

では、特選前菜から!

一つ一つこだわり抜いていて、丁寧な美味しさ♡

f:id:colofullife:20161008195329j:plain

点心三品!プリプリ感がたまらない!

f:id:colofullife:20161008195428j:plain

スープ!

f:id:colofullife:20161008195501j:plain

北京ダック!

f:id:colofullife:20161008195520j:plain

巻いていただきます。

f:id:colofullife:20161008195702j:plain

豚バラ肉のタロ芋煮込み

f:id:colofullife:20161008195740j:plain

空芯菜の炒め物は写真撮り忘れ・・汗

杏子とエビのチャーハンに

f:id:colofullife:20161008200358j:plain

デザート!

f:id:colofullife:20161008195938j:plain

アラカルトで上海蟹も☆

こちらはなかなかのお値段!ですが、最高に美味です♡

http://www.chuugokuhanten.com/store/menu/fureika-crab-alacarte.pdf

取り分けた後ですが(笑)

f:id:colofullife:20161008200539j:plain

尻尾

f:id:colofullife:20161008200918j:plain

メインは古希祝いの桃☆

お店に古希のお祝いのことを伝えると、以下のご提案を頂きました!

  • お琴の生演奏(無料)
  • お祝いの桃の饅頭(大きな桃から小さな桃がでてくる、大1500円、小200×人数分)

桃の饅頭の豪華なこと!!かなり大きく華やか!

上に乗っているのはコウモリの飾り物。

f:id:colofullife:20161008201303j:plain

割ると小さな桃がたくさんでてきた〜!(3歳長男大喜び!)

f:id:colofullife:20161008201352j:plain

父にお願いした「自分史」

ここ最近、私は、いろいろな人の生き方から学ぶことが多かったのですが(勝間塾で同世代で起業をしてたり、目指したり、何か挑戦している人など)、そういえば一番お世話になっている自分の両親のことをそこまで知らないことに気付きました。

 

それって寂しいな。。

万が一のことがあった時に、「親のこと何も知らなかった」は悲しすぎる。

 

そう思って、この機会に、今までの人生のこと、キャリアや家族、価値観などを話してほしいなとリクエストしてみました。

 

完成した大作の「古希を迎えるに当たって 近況とミニ自分史」

最初のリアクションは、なんと「未来志向が高く、自分史なるものに興味はなく、昔のことに拘るのは望むところでない」とのこと!

とはいいつつ、まんざらでもない様子で書き始め、30ページと大作が仕上がっていました。

 

読んでみての感想

  • 本当に細かいことをよく覚えていてすごい。
  • 特に会社での仕事の話、業績、業務改革の話などは、まるで井戸田潤の小説を読んでいるような臨場感があり、圧巻。
  • 高度成長期に必死に働き、日本経済を支えてきたのだなということが伝わってきた。
  • その時々で必死に取り組み、成果を出してきているので、今もそれを誇りに思っているし、悔いはないようなので、まさに理想の振り返り。
  • 仕事の規模、達成度、業績のレベルからしても、自分の仕事や影響力はまだまだ・・・
  • 自己肯定感がとても強く、過去や自分を肯定しながら、常に未来志向で、健康(身体も頭も)一番ながらも、自己の成長・達成感を追求しており、日々充実させる能力が高い。
  • 「自分が大切に考えて実践していること」など、自分の人生をより良くするために、常にハードルを挙げて取り組んでいる姿がすごい。
  • この歳になっても毎日英語の勉強に励んでいるが、そのモチベーションが、「勉強することで頭への血流の増加を知覚し」「この年令では味わい難い日々の成長感を得る」ということでとても納得。

 

家族の時間・命を繋いでいる時間

親のことを昨日よりたくさん知ることができた。

そして、父親は久々に家族が揃って嬉しそうだった。

とても幸せでした。

 

この記事で書いた7つの習慣実践ワークをしてから、自分にとって家族の時間、特に世代を超えた家族の時間、命を繋いでいることを感じる時間がとても大事なことに気付きました。

colofullife.hatenablog.com

そこから、古希の祝いを盛大に開催することが、一つの目標となっていました。

とても素敵なお祝いができて、兄夫婦とも久々に話せて嬉しかったです。

 

これからの目標

これからは毎年こんな会を開きたい。

そして次のお祝いは3年後の母親の古希のお祝い。

 

家族全員健康で元気に過ごしていますように。

自分もしっかり成長していますように。

子供たちもすくすくと大きくなっていますように(*^^*)