読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yoshiko's colorful life -子育てdiary☆

都内在住二人目育休中ワーママ yoshikoが、子供の成長や、日々の思い出、掛け替えのない今の時間を一緒に沢山楽しみ、二度と戻らない充実した時間を過ごすために、子供の成長や日々の出来事を書きます。合わせて、母としての成長記録も書きます☆

親子ミツロウアート「エコバックにお絵かき」イベント☆

勝間塾Jr.企画

11/13(日)にはイラストレーターとして活躍するマリサによるベビー&キッズ向けの親子アートイベントに参加してきました!

f:id:colofullife:20161116103902j:image

 

どんなイベント?

■ミツロウクレヨンでエコバッグにお絵かき☆彡
ドイツのシュトックマーというクレヨンをご存知でしょうか?

 

シュトックマーは口に入れても安全なミツロウクレヨンです。
このクレヨンを使ってお絵描きを楽しみ、最後はエコバッグを作りました


シュトックマーは布に書いてアイロンを当てると定着するので、Tシャツに絵を書いたりもできるクレヨンです。

 

☆使ったクレヨンはこちら

蜜ろうクレヨンブロック | STOCKMAR(シュトックマー)は、蜜ろうクレヨン、水彩絵の具等をご紹介!サイト運営は、株式会社おもちゃ箱が運営しています。

f:id:colofullife:20161116104142j:image

 

今回の講師:マリサさんってどんな人?

今回の講師はフリーイラストレーター、フラインストラクター、オーガニックコスメアドバイザーという肩書を持つ素敵な女性、マリサさんです!

 

マリサさんの人生のテーマは「クリエイティブ」。

絵を描くことに限らず、何かを創造することで社会に貢献出来る人になりたいというミッションを持っていらっしゃいます。

 

詳細はブログで(*^^*)

marisa-hula.com

 

このイベントのゴール

今回のイベントで一番目指していることはお子さんに描くことを楽しんでもらうこと!

【1〜2歳のお子さん】
単純に「描く行為そのもの」と「色」を楽しむ!
ぐちゃぐちゃ、ぐるぐるでもOK!
シュトックマーのクレヨンは通常のクレヨンと違い、重なった部分は色が混ざりますので、自分で新たな色を発見する楽しみを味わうことができます。

 

【3歳〜6歳のお子さん】
2歳さんまでと同じように「描くことそのもの」と「色」を楽しむ!
子供のお絵描きは、「お絵描き楽しい!と感じてもらうのが全て」であり、大人は、何かの形をそれらしく描くことを求める傾向がありますが、それが苦手意識を育む原因になりやすいとのことです。

f:id:colofullife:20161116103945j:image

 

まずは画用紙に自由にお絵かき☆

まずは思い思いに画用紙に自由にお絵かきしました!

大人だと「何でも書いていいよー」って言われると手が止まってしまいますが、子供たちは自由な発想で書けるものなのですね(*^^*)

f:id:colofullife:20161116104305j:image

息子が書いた絵。

サンタクロースがトナカイに乗ってどこかにプレゼントを運んでいるらしいです。

なぜか、上にトンボもいますが(笑)

f:id:colofullife:20161116104359j:image

 

ついにエコバックにお絵かき☆

 気が乗ったのか、乗らないのか(笑)、おもむろに書きだした絵がこちら。

よくわかりませんが(笑)、おもちゃや人形だそうです。

f:id:colofullife:20161116104442j:image

その後は、アートはそっちのけで、もっぱら男の子同志でどんちゃん騒ぎ。

10カ月次男もハチャメチャにされていました!

f:id:colofullife:20161116104524j:image

 

お友達の素敵な作品たち☆

 今回は1〜9歳まで8人のお子さんが参加していました!

9歳の女の子はこんな素敵な作品を作っていましたよ(*^^*)

f:id:colofullife:20161116104621j:image

6歳女の子の作品!

うーん、女の子はメルヘンでかわいいなぁ♡

f:id:colofullife:20161116104655j:image

世界観が素敵♡

f:id:colofullife:20161116104719j:image

 

ランチで息子の成長を感じる

イベントの後はサイゼリアで食事。

3歳息子は、今まではかなり人見知りで、新たな場でははしゃぐこともなく、常におとなしく座っているタイプでした。

 

ところが今回は、大分慣れたメンバーということもありますが(今年の4月から月1ぐらい)、最初から大はしゃぎで、男子メンバーで走り回り、意気投合し、挙句の果てに、ランチでは男子4人で席を陣取るという行為に!!

そして食べたいキッズランチプレートを自ら選択。

f:id:colofullife:20161116104741j:image

 

常に子供は親の側で・・・というシーンに慣れていたので、子供たちでまとまり、行動するという成長に驚き、頼もしく(ちょっぴり寂しく)思いました。

マリサさん、楽しいイベントをありがとうございました!!

また子供とともに学べる場たくさん作っていきたいと思います(*^^*)