読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yoshiko's colorful life -子育てdiary☆

都内在住二人目育休中ワーママ yoshikoが、子供の成長や、日々の思い出、掛け替えのない今の時間を一緒に沢山楽しみ、二度と戻らない充実した時間を過ごすために、子供の成長や日々の出来事を書きます。合わせて、母としての成長記録も書きます☆

初めてのピアノ発表会☆長男4歳&母

ピアノ

皆さんにとって「忘れられない一日」ってどのような日でしょうか?

 

私にとって、4歳になったばかりの長男のピアノの発表会は

人生で忘れられない日になりました。f:id:colofullife:20170129113300j:image

その理由についてはこちらに書いたので、今回は当日のことを書きます☆

colofullife.hatenablog.com

 

会場に到着☆

発表会は13:30開始。

当日、リハーサルは朝10:00からでした!

 

1歳の次男を夫に預け、4歳の息子とともに張り切って家を出ました。

 

町屋駅に到着し、コンビニでお菓子や飲み物を、昼食用にオリジン弁当でおにぎりとサラダを買い、張り切って会場に向かいます!

f:id:colofullife:20170124152117j:image

会場はムーブ町屋

早速一番前の席を確保!f:id:colofullife:20170124152141j:image

当日リハーサル☆

まずは到着した子たちから順にピアノを弾かせてもらいます。

息子、お辞儀の練習もしましたよ!f:id:colofullife:20170124152209j:image

私も弾きましたが、さすが良いピアノは違う!!

めちゃめちゃ弾きやすく、音色も素敵でした。

 

子どもたちのグループ練習で問題発生!

ソロや連弾のリハーサルはよかったのですが・・・

f:id:colofullife:20170124152224j:image

子どもたち全員での以下の練習で問題発生・・・

・はじめの言葉

・「さんぽ」での鈴

・「ドラえもん」の歌

 

雰囲気にのまれたのか、子どもたちだけで舞台に上がらないといけないのに、息子は母に甘え、母に抱きつき、くっついた状況でないと、舞台にも行かないし、演奏もしないとう非常事態が。。

 

その後、舞台裏に呼び出し、息子とたくさんお話をしました。

 

一人でちゃんと舞台に出よう

一人で頑張ってピアノをひこう

おじいちゃん、おばあちゃんが来てくれるので、しっかり頑張ろう

 

「できる?」

「わかった?」

と何度聞いたことか・・・

 

優しいママや子どもたちに救われる

ソロや連弾は失敗してもよいとしても、グループでの演奏でそんあことだと、子どもたちの演奏を台無しにしてしまう・・・

迷惑をかけてしまう・・・

と、心配で一杯に。。

 

そんな時、他のママが本当に優しくて、

誘導係のママが息子の心を解きほぐそうとしてくれたり、

そのお子さん(小2の女の子)が、お菓子をくれたり、優しくしてくれるよう誘導してくれたり、

皆さんの優しさが本当にありがたかったです。。

 

昼食をとってさぁ本番!

私も緊張していたのでしょう。(自分もソロの演奏があったので)

昼食はあまり喉を通りませんでした(笑)

 

会場の外で二人でおにぎりとサラダを食べました。

 

息子が、おじいちゃん、おばあちゃんはまだー?と楽しみしているので、会場の下の階まで見に行ったりしました。

 

おじいちゃん、おばあちゃん、そして夫と次男も到着し、

ついに本番です!!

 

オープニング「さんぽ」☆スタンバイ

オープニングは「さんぽ」の歌&アンサンブル

息子は鈴で参加。

 

スタンバイのため二人で舞台裏にまわりました。

 

そこで、息子に母と離れても、一人で舞台にあがるように説得すること数分。

 

すると、彼は「覚悟」を決めたのでしょうか。

「わかった」と答え、

母は舞台裏の椅子と、会場の椅子とどちらにいるのがいい?と聞くと

ママは会場のお椅子に座っててといわれ、

そこで別れました。

 

慌てて会場に戻り、ドキドキしながら、舞台にでてくる子どもたちの姿を待ちます。

 

見つけた!息子の姿

すると、息子の姿が目の中に!!

 

一人で鈴を持ち、他の子どもたちと一緒に舞台にできました。

 

手を振ると、笑顔で振り返してくる余裕まで!

 

そして、大きな口を開けて、元気よく「さんぽ」を歌い、

鈴を演奏して、

元気に退場していきました。

 

おぉできるじゃないか!と感動。。

f:id:colofullife:20170124160009j:image

続いて、「はじめの言葉」

未就学児5人ではじめの言葉です。

これも家で何度も練習したなぁ。。

 

「これからピアノ教室の発表会を始めます」←全員で

「この日のために」←ここ息子一人のパート

 

まだまだたどたどしい幼い声で、「この日のために」って

聞こえてきましたよ!

f:id:colofullife:20170124155954j:image

 

ソロのステージに向かう

続いて第一部ソロのステージ、

彼の出番は5番だったので、迎えにいかねば!と慌てて舞台裏に行くと、しっかり椅子に座って自分の出番を待っていました。。

 

母がいないと何もできないわけではなく

もう一人で着々と舞台に出る心も育っていたのね・・

 

ソロ「メリーさんのひつじ」

そして、ついに彼のソロのステージ

「メリーさんのひつじ」

 

一人で舞台に歩き、
聴衆にお辞儀をして
椅子に座り
一人で弾きはじめ
終わりのお辞儀をして、
退場するという
一連の流れを一人でこなしている
彼の姿がありました。

 

感動の一瞬でした。

 

私のソロ「エリーゼのために

息つく間もなく、自分の演奏です(11番目)

 

事前に、どのような思いで弾くかを考え、当日のリハーサル中に手帳に言語化していました。

私は、両親に思いを込めて、「エリーゼのために」を弾きました。

(思いは冒頭の記事に書きました)

 

二箇所小さな間違えがあったものの、思い残すことなく、気持よく弾ききりました。

 

連弾・アンサンブルのステージ☆ミュージックベル

休憩を挟んで、続いて連弾・アンサンブルのステージです。

 

まずは子どもたちによるミュージックベル。

彼は「ド」の音を担当し

「メリーさんのひつじ」

「かえるのうた」

「チューリップ」

を演奏しました。

上手にできました! 

f:id:colofullife:20170124160033j:image

 

アンサンブル☆夢をかなえてドラえもん☆母登場

 続いて、歌で参加した「夢を叶えてドラえもん」!

ここで問題発生!

 

女の子たちに連れ添って入ってきた息子。

何か配列に問題が起こったのか、定位置につかず、奥の方にひっこんで姿が見えない!

 

ここは母登場か!と判断し、さっと舞台に上がり、定位置の戻させ、すぐに戻ろうと思って、息子が何か怒っている。。。

母を離さず、ぐずるので、舞台にはいてはいけない母が付きそうことになりました(苦笑)

 

でも、最初のステージで一人でこなす息子を見て、こうやってぐずられることももうないのでは?という思いがあり、これもいい思い出だなと思いながら、付き添い、一緒に歌を歌いました♡

 

息子は、母に戻ってほしかったようで、怒っていました(笑)

 

連弾☆せいじゃのこうしん

そしてついに、夢にまで見た息子との連弾。。

「聖者の行進」

 

少しテンポが遅れたところがあったものの、ほぼ完璧に、そして楽しく、ワクワクしながら弾けました!!

 

私の夢が叶った

感動の瞬間でした。。

 

フィナーレ☆はじめの一歩

フィナーレは、演奏した子供、大人全員で舞台に上がり、「はじめの一歩」を歌いました。

ここでは、二人とも舞台に上がるので、安心して、息子ともベッタリ(*^^*)

 

すべての演奏を終え、

達成感と安堵感に包まれ、

舞台から、観客席の両親と、夫・次男を見ながら歌う「はじめの一歩」

 

心に響きました。

 

感謝の気持ちで一杯に

9月からピアノを習いはじめ、この時期に発表会というチャンスを下さったピアノの先生

息子だけでなく、私にも演奏のチャンスを下さった先生

一緒に演奏してくれた子どもたち

次男の面倒を見てくれた夫

関西から来てくれた両親

こんな素敵な時間をくれたすべての皆さんに

感謝の気持ちと幸せな思いで胸が一杯になりました。

 

 

子どもと一緒のピアノ、おすすめです!

子どもと一緒にピアノ本当におすすめです!

 

私と同じように、小さい頃ピアノを弾いており、長いブランクを経て、子供と一緒に再開しているママもいました。

素敵に連弾を演奏し、家族全員で歌も披露しており、素敵でした。

 

このママとは、こんなに楽しく、幸せなんだね、って発表会の緊張感の中、楽しくお話できたことも、いい思い出です(*^^*)

 

 

もし習い事で迷われていたら、是非子どもと一緒にピアノ、体験してみてほしいなと思います(*^^*)